水素吸入って何が良いの?その効果は?

水素吸入

最近よく耳にする水素吸入。
水素を身体の中に取り込むことで健康の維持、アンチエイジングなどの効果が期待できると言われています。医療現場、スポーツの業界でも取り扱われていますが、水素は私たちの身体にどのような効果をもたらすのでしょうか。

身のまわりのあちこちで「水素」補給が増加中

  • 水素水
  • 水素タブレット
  • 水素発生マスク
  • 水素浴
  • 水素ガス吸入(サロン,接骨院・鍼灸院,ポータブル用)
  • 水素ガス吸入療法,水素点滴(医療機関等)
目次

水素が身体に良いと言われているのはどうして?

活性酸素って?

活性酸素とは

水素(H2)は宇宙一小さな分子であり、そのほとんどが酸素(O2)と結びつき、水(H2O)として存在しています。また、身体の中でも腸内細菌により産生されており、体内の「活性酸素」と結びつくことで水へと変化し、体外へ排出されます。

私たちの身体は約37兆個の細胞から成り立っているといわれており、その細胞の中にはミトコンドリアという器官があります。
ミトコンドリアは、私たちが食事や呼吸で得た糖分と酸素から、生きるために必要なエネルギーを生み出しています。その際、副産物として発生するのが「活性酸素」です。
私たちが呼吸によって取り込んだ酸素のうち約2%が活性酸素になるといわれています。

身体をサビ(酸化)させる悪玉活性酸素

悪玉活性酸素

活性酸素には、「善玉活性酸素」と「悪玉活性酸素」の2種類があります。
「善玉活性酸素」は、外から侵入してきた細菌やウイルスから身体を守る免疫機能や感染の防御を担っています。一方「悪玉活性酸素」は、ウイルスだけでなく身体の細胞まで傷つけてしまい、身体を酸化=細胞を錆びさせてしまいます。

悪玉活性酸素の中でも、特に毒性の強い「ヒドロキシルラジカル」は酸化力が非常に強く、体内のタンパク質やDNAなどを簡単に酸化させてしまい、ガンや生活習慣病、老化の原因の一つになるといわれています。

身体の「抗酸化」機能が活性酸素除去に追い付かない!

抗酸化機能

活性酸素は常に身体の中で産み出され続けていますが、身体にはもともと「抗酸化」機能が備わっています。体内で産生される水素もこの抗酸化機能の一つに含まれ、活性酸素の産生を抑制し、受けたダメージの修復・再生を促すことができています。

しかし活性酸素は、紫外線、たばこ、薬剤、過度な運動、ストレスや疲労によって産生が活性化されます。活性酸素の産生が過剰になると抗酸化機構とのバランスが崩れ、身体の中の「酸化」がどんどん進んでしまいます。

身体のトラブルは悪玉活性酸素が原因かも!

・肌トラブル
しみ、シワ、たるみ、くすみ、ニキビ、アトピー、乾燥

・身体の悩み
肥満、むくみ、冷え性、肩こり、頭痛、口臭、不眠、鼻炎、花粉症、痛風、歯周病、生理痛、便秘、慢性疲労

・病気
がん、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞、認知症、糖尿病、メタボ、低・高血圧症

身体の中に溜まり続ける悪玉活性酸素を除去することが健康と美容のカギになります。

水素が選ばれる3つの理由

①「悪玉活性酸素」だけを除去できる

「抗酸化」といえば、ビタミンC・E等を思い浮かべる方も多いと思いますが、ビタミン類はすべての活性酸素に反応してしまうので、善玉活性酸素も除去してしまうという欠点があります。

しかし水素は、最も酸化力が強い悪玉活性酸素ヒドロキシルラジカルと結合し、善玉活性酸素には反応しない性質があります。つまり、身体に有益な善玉活性酸素はそのまま、悪玉活性酸素のみ無毒化するということです。また、活性酸素が細胞を錆びさせる前に取り除くだけでなく、すでに錆びてしまった細胞を元の状態に修復する働きもあります。

②脳や細胞にまで行き届く

悪玉活性酸素の「ヒドロキシルラジカル」は細胞の中にあるため、細胞膜を構成する脂質にも抗酸化物質を行き渡らせる必要があります。
水素は宇宙一小さく軽い物質であり、水や油にも溶け込む性質があります。血管内を流れるだけでなく、肺や粘膜を通して体内に取り込まれ、脳や細胞など、身体の隅々まで素早く行き渡ります。

水素は、液体(水素水)やサプリメントで摂取する方法もありますが、胃液や体内バリアの影響を受けてしまう可能性があります。水素を気体で体内に取り入れることで、液体(水素水)で摂るよりも短時間で多くの水素を取り入れることができるようです 。

③医療でも認められている有効性と安全性

水素と結びついた悪玉活性酸素は無害の水に変わり身体の外に排出されるので、副作用はありません。子供からシニア世代まで誰でも水素を取り入れることができます。

2016年には、慶応義塾大学が、心肺停止後症候群(心肺停止し、その後蘇生した際に生じる高度の後遺症)の治療として水素吸入療法を確立し、厚生労働省によって先進医療Bに認定されました。これも活性酸素を還元する水素のはたらきによるものです。

水素吸入機を選ぶポイント

小さな卓上サイズから、移動が困難なほど大きなものまで、水素吸入器には様々な種類があります。水素吸入器のスペック表を見ると、分かりにくくて難しい単位と様々な表現でその性能が書かれています。

どこを比較するべきなのか?何が特徴なのか?分からなくなることもしばしば…
水素吸入器を利用される際にチェックしておくポイントをご紹介します。

<ポイント1>水素の量
どの場合でも必ずチェックすべきなのは【水素の量】です。水素の量はml/minもしくはcc/minなどと表されます。注意しなければならないのは、それが水素の量なのか、総ガスの量なのか、という点。
 
例えば「水素ガス500ml/min」と書かれていても、実は水素と酸素を合わせた量が500mlで水素はそのうち300mlだった、ということもあります。
ちょっとした表現の違いですが、水素吸入器において水素の量は【要】です。「水素だけの量なのか?酸素や他の気体を合わせた量なのか?」ということを、メーカーや接骨院のスタッフに確認してみましょう。

<ポイント2>水素の濃度
濃度は%、ppb、ppmなどの単位で表されます。水素吸入器から発生している気体の水素の内訳、割合、と考えていただくと良いかもしれません。

水素吸入器の中には、水素と他の気体の混合ガスを出しているものや、水蒸気が混ざっているもの、発生した混合ガスのうち水素以外の気体を外に逃がしているものなどがあります。
実際に吸入する場所(カニューラ)から出ている気体は何なのか、そのうち水素はどれだけ出ているのか、チェックしてください。

<ポイント3>各メーカーのこだわり
水素吸入器にはメーカーそれぞれの得意分野やこだわりがありますが、水素がほとんど出ていない、有害なガスも一緒に出ている、など健康被害につながりかねない機器を販売しているメーカーも…。

第三者の検査機関を通っているなど信用できるメーカーかどうか、ご自身でもきちんと調べてみましょう。

<番外編>落とし穴?!【水素純度】
【水素純度】という表現があります。水素純度は通常99.9%です。鉄は鉄純度99.9%ですし、酸素も酸素純度は99.9%です。
物質と物質が合わさってほかの物質を形成することはありますが、その物質の純度は99.9999999…%の純度であるのは当たり前の事。

例えば、「酸素」を吸うと言いますが、実際大気には酸素以外にも純度99.9%の様々な物質が混ざっており、それらを併せた「空気」を私たちは吸っています。

水素純度が他社よりも高い吸入器ですよ!と謳っている機器やサロンの場合、なにを指して水素純度と表しているのかを確認しましょう。

呼吸するだけで「健康」という新体験をあなたに。業務用水素吸入器Co.UP(コアップ)

Co.UP(コアップ)は業務用の水素吸入器として、業界トップクラスの水素発生量2,600ml/分を誇ります。水素吸入は、疲労回復と脳の血流改善が期待できるので、オフィスやスポーツ選手、介護施設やサロンに導入されています。最近では接骨院・鍼灸院への導入も増えてきて、いつもの施術にプラスして、水素吸入を気軽に体験いただけるようになりました。

ハニースタイルで水素吸入ができる院を探す

アトラグループ株式会社と摂南大学との共同研究により、水素ガスの吸引により疲労の回復及び脳の血流の改善が示唆され、人間工学の観点から、生産性の向上や認知症の予防が期待されることが分かりました。

業務用水素吸入器Co.UP(コアップ)について

水素の抗酸化力

水素の抗酸化力

水素吸入と水素水の比較

水素吸入と水素水の比較

水素吸入のポイント

・カニューラ(吸入チューブ)を使って水素ガスを鼻から吸入します(カニューラは使い捨てのため、衛生面も安心です)。
 水素は無味無臭のため、多くの方が違和感なく水素を吸入していただけます。

・初めの数回は、息を鼻から深く吸い込み、口から吐き切ります。その後、自然な呼吸をしながら吸入します。

・吸入の間は、できるだけリラックスしてお過ごしください(読書、音楽鑑賞、睡眠をとるなど)。

水素吸入ができる接骨院を探す

人気の商品