楽トレでインナーマッスルトレーニング!寝ているだけで楽に鍛える

接骨院でよく耳にする楽トレはEMS(Electrical Muscle Stimulation)の一種で、特許取得(特許番号:第5535405号)のダブルインパクト波形によって深部の筋肉まで電気刺激を送る効果があるマシンです。

接骨院やエステサロンなどにも多く導入されているEMSですが、多種多様なEMSがある中で大半のものは、低周波で皮下2~3mmまで電気が届き脂肪層に働きかけるものです。

一方、楽トレは通電の深さが異なる低周波と高周波を複合した複合高周波で、皮下15cmほどまで電気が届くことがポイント。
そのため脂肪層を通り越えて、従来のEMSでは届きにくいインナーマッスルアウターマッスルの両方を同時に刺激する唯一の波形を実現できます。

この楽トレは、装着して30分程度寝ているだけで、複合高周波がインナーマッスルとアウターマッスルに届き、電気によって刺激を与えて無理なく簡単にトレーニング効果を得られる優れもの!

多くのEMSが低周波が1秒間に20回程度の振幅を与えるのに対し、高周波である楽トレは1秒間に50万回の波を幾重にも重ねた状態で深部の筋肉まで鍛えてくれます。

  ➢「楽トレ」を受けられる近くの接骨院を探す

目次
インナーマッスルまで届く
低周波と複合高周波の違い

楽トレで鍛えられるインナーマッスルって?

インナーマッスルとは、身体の深いところにある筋肉のこと。
テレビや雑誌などでインナーマッスルとして取り上げられているのは腹筋や背筋、腰筋などの体幹の深層筋の場合が多いため、体幹筋のことを指していると思われがちですが、それに限るわけではなく複数の深層筋の総称です。

インナーマッスルは、普段の筋トレで鍛えやすいアウターマッスル(表層の筋肉)の働きをサポートしています。

身体の深いところにあるため、見た目には動いていることを確認することは難しいですが、関節や内臓を安定させたり、動作時にアウターマッスルと一緒に働いて、姿勢の保持や動作をサポートをするなど、生活に欠かせない筋肉です。

美しく引き締まった身体を目指す人が鍛えるべきはインナーマッスルです。
また、インナーマッスルは骨や筋肉、内臓も支えていて、猫背や肩コリ、腰痛などの悩みがある人も鍛えることがおすすめ。

しかしインナーマッスルは、奥深くにあるため筋トレだけでは、鍛えることが難しいと言われています。
そこで鍛えたい部分に、集中的に奥深くまでアプローチできる楽トレがおすすなのです。

   ➢「楽トレ」を受けられる近くの接骨院を探す

楽トレはこんな方におすすめ

楽トレによってインナーマッスルが鍛えられると、基礎代謝が向上することから太りにくくなる、姿勢や体調がよくなるなどのメリットがあると言われています。

また骨や関節の位置をキープすることにも役立つ可能性も。
骨や関節が安定した状態でいると日々の動作もスムーズになり、スポーツをしている方は、身体能力向上などが期待できるかもしれません。

楽トレはトレーニングをしながら筋肉をほぐすことも可能です。
普段の姿勢が悪かったり、運動不足が続いていたりすると、筋肉は硬直し首や肩のコリに繋がってしまいます。

このような硬くなった動きにくい筋肉を、楽トレによってほぐし、柔軟性のある動きやすい筋肉にすることで、血流も良くなりコリや痛みの対策ができるのです。

楽トレはこんな方におすすめ!

  • 美しい姿勢を維持したい
  • 肩や腰の痛みをどうにかしたい
  • 運動不足を解消したい
  • もっとシェイプアップしたい
  • スポーツのパフォーマンスをあげたい
  • 基礎代謝量を上げたい
  • 気持ちよく筋肉を動かしたい
  • 心身ともにリラックスしたい

「楽トレ」を受けられる近くの接骨院を探す

楽トレによって得られる効果は?

 

楽トレによって、基礎代謝が上がりダイエット効果が期待できるとお話しましたが、この他にも期待できるのが、脂肪燃焼の働きを持つアディポネクチンというホルモンの分泌を促進すること。

アディポネクチンとは、脂肪細胞から分泌される細胞のことで、脂肪を燃焼させる働きがあり、動脈硬化や糖尿病を防ぐ善玉物質として注目を浴びています。
テレビや雑誌などでは、やせホルモンとも呼ばれています。

脂肪細胞から分泌されるため、脂肪が多い太った人の方がたくさん分泌されて、より脂肪が燃焼されやすいのでは?と考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかし、実はその逆で、アディポネクチンは内臓脂肪が増えれば増えるほど、その分泌が低下し、血液中の濃度も低下してしまうことが分かっています。

 

アディポネクチンの分泌が低下すると、脂質代謝が悪くなるというデメリットも。
これは太りやすくなるというだけではなく、高血圧や糖尿病、動脈硬化、脂質異常症にも起因すると考えられています。

さらに、アディポネクチンは血糖値を下げる働きがあるインスリンというホルモンの感受性を高めるため。インスリンの分泌が節約され、糖尿病を防ぐ働きも担っています。

生活習慣病対策のためにも役立つアディポネクチンが分泌されるためには、肥満を改善して内臓脂肪を減らすことが必要です。

内臓脂肪を減らすと一言で言っても、自宅でのストレッチやトレーニングでは時間がかかり途中で挫折してしまうこともしばしば…。

そんな人にもおすすめなのが、この楽トレなのです。
楽トレを使うと、脂肪の燃焼に必要な筋肉を鍛えることができます。
筋肉を効果的に鍛え、基礎代謝を上げつつ、脂肪を燃焼し、美しい身体を手に入れましょう! 

 ➢「楽トレ」を受けられる近くの接骨院を探す

楽トレを受けると身体にどんな変化があるの?

楽トレが良いものということは分かったけれど、実際に受けたら身体にどんな変化があるのか疑問に思いますよね。
そこで、楽トレを3ヶ月間受け続けた体験レポートをご紹介!

◆実際に楽トレを受けたのは?
男性 37歳 182㎝
期間:2018年5月11日~8月31日
楽トレの頻度:週3回

楽トレ前後

 

楽トレを3ヶ月受けた結果

 

◆体験前後の比較
体重(kg):78.3→72.7
体脂肪(%):23→16.7
内臓脂肪レベル(レベル):10.0→7.5
腹囲(cm):87.4→82
太もも(cm):54.5→53
お尻回り(cm):97→95.
総コレステロール(㎎/dL):202→196
LDL(㎎/dL):124→116
血糖(㎎/dL):94→90
50m走(秒):8.77→7.96

数字を見ると一目瞭然!
身体に大きな変化が出ていますよね。
普段から運動不足で、ダイエットができない場合でも、効率的に理想の体型に近づくサポートをしてくれます。

※体験者の実施期間は約3ヶ月間で、週3回実施したものです。
※結果には個人差があり、効果を保証するものではありません。
※適切な食事管理を並行して実施しています。

接骨院で楽トレを受ける流れ

楽トレが気になるなと思った方は、接骨院で先生に相談してみましょう。
現在の身体の状態にあわせて適切なプランを提案していただけます。
筋肉運動の効果を持続させるために、週2~3回のペースで継続して受けることをおすすめされることが多いようです
時間がない場合は、週に1回程度でもOK。先生と相談してペースを決めることが大切です。

主にお腹の部分に電気を通しますので、ワンピースなどは避け、上下が分かれている服装で通院することをおすすめします。

ハニースタイルでは、楽トレを受けられる接骨院を簡単に検索できます!

接骨院検索ページを開いて、「メニューから探す」から「楽トレ(EMS」を選択し
「条件変更」からご希望のエリアを入力して、検索!

楽トレを受けられる接骨院が表示されます。
是非、ご自身にあった接骨院を見つけてくださいね♪

「楽トレ」を受けられる近くの接骨院を探す

楽トレに関する、よくある質問

Q.楽トレとは何ですか?
A.寝ているだけで、インナーマッスルとアウターマッスルを同時に鍛えられる複合高周波のEMSです。

Q.家庭用EMSとの違いはありますか?
A. 特許を取得した波形で、一般的なEMSが皮下2~3mmにしか電気が届かないのに対し、楽トレは皮下15cmほどのインナーマッスルまで電気が届き鍛えることができます。

Q. 身体に痛みは出ませんか?
A. インナーマッスルにまで電気が届き、激しく動くため、お腹の奥深くが動く違和感はありますが、皮膚がピリピリしたり、痛みを感じたりしにくいマシンです。

Q. 肩コリに効果的ですか?
A. インナーマッスルにまで電気が届くことで血流が良くなり、肩コリの原因となる固まった筋肉をほぐしてくれます。
筋肉の疲労が減少し、肩コリ改善につながることも。

Q.痩せますか?
A. 楽トレによって鍛えられるインナーマッスルは、脂肪を燃やして動く赤筋を多く含むので、継続して楽トレを受けると、体脂肪減少をサポートしてくれます。
また基礎代謝が上がり、太りにくい痩せ体質に近づけます。

 

 

◆接骨院・整骨院のご関係者さまへ
楽トレの導入をご検討されている方はこちら

楽トレ(EMS)を受けられる接骨院を探す