四十肩・五十肩の症状とは?原因とセルフケア方法をご紹介

肩に痛みがある状態として、四十肩五十肩という言葉が多くの方によく知られていますが、実は一般的に使用されている俗称であって、正式な病名ではありません。
正式名称は肩関節周囲炎と呼ばれる疾患で、肩コリとは異なります。

 

 

目次

四十肩・五十肩とは?

  • 肩が痛くて自由に動かせない
  • 腕を上げると痛む
  • 動かすと痛みが走る
  • 肩の関節を動かせる範囲が少ない(可動域が狭い)
  • 髪を後ろで束ねると痛む
  • シャンプーをするときに痛む

 

などの症状に悩まされている人は四十肩・五十肩かもしれません。

四十肩と五十肩に明確な違いはなく、40代から50代に多くみられる肩の痛みを指します。30代や60代以降で起こることも珍しくありません。
四十肩・五十肩は3つのステージ期「急性期(炎症期)」「慢性期(拘縮期)」「回復期」をたどるのが一般的で、原則的には経過とともにいつかは改善する病気です。

急性期(炎症期)(数週間~数ヶ月程度)
痛みの強い状態。
腕を上げたり肩を回したりといった動作を行うとき・安静時・睡眠時などに、肩周辺に違和感や鋭い痛みが生じます。

痛みの強い「急性期(炎症期)」は、炎症が強いため肩の関節を動かさなくても痛みを感じることが多くあります。その痛みにより筋肉が固まってしまう拘縮を引き起こし、さらに痛みを増加させてしまう傾向にありますので、痛み自体を緩和させるなど、炎症を抑える治療が有効とされています。

痛みが強いこの急性期(炎症期)には筋肉を無理に動かそうとして、より一層痛みを増強してしまうことがあるので、無理に動かさないよう注意しましょう。

慢性期(拘縮期)(6ヶ月程度)
痛みは落ち着いていても、思うように動かせない状態。
安静時や睡眠時の疼痛は軽減するものの、肩関節が硬くなり、可動域に制限が残りやすくなります。また、過度に肩を動かすと、強いつっぱり感が出ることもあります。

関節を動かそうとした際に痛みが出る時期を慢性期(拘縮期)と呼びます。
この時期になると、炎症がないので肩を動かした時の痛みは多少和らぎますが、痛みをピークに感じるポイントは何点か存在することが多いです。

少し動かしやすくはなるものの、やはり痛みが出るため肩が硬くなりやすくこわばってしまい、動かせる範囲は制限されてしまいます。

しかし筋肉の拘縮をこれ以上悪化させないためにも、肩の痛みが強く出ない範囲で動かしていくことが大切です。日常生活でも、無理な肩関節の動作は避けて、動かせる範囲で動かすことを心掛けましょう。

回復期
痛みが改善していく状態。
痛みや違和感が徐々に改善し、可動域の制限も回復していきます。

四十肩・五十肩は痛みを感じるというだけでなく、日常生活で行う簡単な動作が制限されるため、日々の暮らしに不便さを感じることが多くあります。

四十肩・五十肩は各ステージの期間が数ヶ月継続し、発症してから治るまでに1年以上かかることもあります。正しく治療をしなかったり、何も処置を施さなかったりした場合は、長くて3年程度かかることもあり、1~3年が四十肩の病期であると考えられています。

四十肩・五十肩を引き起こす原因は?

四十肩・五十肩の原因は、肩関節を構成する骨や筋肉、腱、靭帯などの性質が加齢によって変化し、周囲の組織に炎症が起きることであると言われています。(原因は完全には明らかにはされていません。)

自分では痛みの原因が分からず湿布などでその場をしのぎ、放置してしまう方もいますが、痛みが少し緩和したとしても「もういいかな」と放置することなく、詳しく検査を受けることをおすすめします。
痛みが続き、病院を受診する場合は専門的な知識を持った医師の診察を受けることもおすすめです。

四十肩・五十肩は、アイスパックや湿布で処置をする「寒冷療法」だけではなく、いくつかの治療方法があります。

「運動療法」をメインにしたリハビリや、ホットパックや入浴、蒸しタオルなどを用いた「温熱療法」が主な治療法としてあげられます。湿布による寒冷療法は、自宅での対処法としては一般的ですが、専門家に最適な処置を提案してもらい、治療を受けることをおすすめします。
四十肩・五十肩を専門的に施術している柔道整復師の先生もいるので、接骨院に相談に行くとい手段もあります。

放置すると、日常生活が不自由になるだけでなく、肩の関節が癒着して動かなくなる可能性もあるため、できるだけ早く専門家にみてもらうようにしましょう。

肩コリと四十肩の違い

肩コリは、日常生活の良くない姿勢や、筋肉の緊張などによって肩や首の筋肉が疲労し、肩に痛みや張り、だるさが発生している状態のことを指します。それに対して、四十肩・五十肩は肩関節、およびその周辺に「炎症」が起きている状態です。

肩コリが酷くなってくると、肩の痛みや可動域に制限がかかり、なんとなく四十肩・五十肩かもしれないという不安に思う気持ちも強くなるかもしれません。しかし、安静時に痛みがない事、動かしたときに鋭い痛みが出ないこと、ストレッチなどをすれば多少可動域が広がるという状態であれば、肩コリである可能性が高いです。

しかし肩コリも長期間放置することで四十肩につながる可能性もありますので、早めに正しいケアをしましょう。

四十肩と何が違う?肩関節の石灰化とは?

肩の石灰化沈着という疾患は、四十肩・五十肩のような痛みを感じますが、我慢ができないほど突然の激痛が走ることが特徴です。

身体は、骨に必要なカルシウム量をキープするために、腸からの吸収と尿での排泄によってバランスをとっています。しかし、尿で排泄しきれなかったカルシウムは、年齢とともに体内、主に血管の内膜や、関節内組織の腱や靭帯にたまってしまうことがあります。

少したまっただけでは特に症状は出ませんが、 たまったカルシウムが「異物である」と身体が認識した場合、カルシウムを除去しようとする身体の免疫反応が、たまったカルシウムを攻撃するため、関節で炎症による痛みが発生します。

炎症が落ち着くと、慢性的な痛みを感じる状態に移行することが多く、四十肩・五十肩と勘違いされてしまうことも。これを防ぐためにも、正しく肩の状態をチェックしてもらいましょう。

四十肩・五十肩に関連する症状として、腱板損傷もあげられます。

腱板(けんばん)とは、肩甲骨と上腕筋をつなぐ4つの筋肉の総称で、肩関節を安定させ、動かすための重要な役割を担っています。
この腱板が断裂することを腱板損傷といい、自然に治ることは通常ありません。

腱板損傷のリスクは加齢とともに高まり、50歳以上の4人に1人が発症するとされ、ピークは60歳代です。転倒したり、交通事故で肩を強打したりなどといったアクシデントのほか、仕事で重いものを持ったり、野球やテニス、水泳などスポーツで腕を頻繁に動かす方も損傷することが多いと言われています。

動かしていなくても痛みが出たり、肩の関節を動かすときに痛みが強くなったりという症状があり、四十肩・五十肩と間違えられることも。腱板はレントゲンには映らないため、正確な診断のためにはMRI検査が必要です。

四十肩・五十肩のセルフケアを紹介。寝方のコツとは?

セルフケアとして、回復期にリハビリを行い、なるべく早く肩関節の柔軟性を取り戻す必要があります。
回復期の注意点は再度炎症期や拘縮期に逆戻りしないようにすることです。

回復期には肩を過度に冷やさないように注意して、夏の暑い時期でも直接肩にクーラーの風などが当たらないようにしましょう。
また、お風呂に浸かるなどして肩を温めることもおすすめです。お風呂上りに肩が冷えないようにすることも忘れずないようにしましょう。温める以外にも、肩に余計な負担をかけずに守ることも大切です。

また、日常生活において、電車のつり革などを痛めている方の手でつかむことで、急停車で、肩周囲に大きな負担がかかることもあります。
こういったときに再発の原因が生まれ、肩に鋭い痛みが走ります。

つり革を持つ時は、なるべくヒジをしめることで身体全体を使って揺れをカバーすることができるので肩に負担がかかりにくくなります。

四十肩・五十肩は夜間にずきずきと痛み、眠れなくなることも。就寝時には、肩の高さを調節することがポイントです。

肩甲骨が身体にそって、少し角度が付いているため、仰向けで寝ると、重力によって肩の位置が下げられ関節に負担がかかります。これが就寝時に痛みを引き起こす原因に。

対策として、タオルを2重3重に重ねたり、バスタオルを折りたたんだりして(約20cm程度)、肩の後ろからヒジのあたりの下に入れることで、支えを作って安定させ、高さを調整しましょう。

肩の関節より少しだけ高い位置に腕を安定させることで、重力(腕の重み)で肩が下に引っ張られることを防ぐことができるので痛みが出にくくなります。
寝るときにも工夫をしてあげることで、就寝時の痛みを和らげることが可能です。

接骨院では何をしてもらえるの?

接骨院では受けられる四十肩・五十肩の施術方法は複数あります。

もちろんオペの対象になる場合や、医師の処置の方が望ましい場合など、対応できないこともありますが、急性期(炎症期)や慢性期(拘縮期)の状態で、正しく処置を行い、早い段階で回復期に入ることで、全体の経過を早めることも可能です。

実際の施術としては、少し大げさに感じられるかもしれませんが、固定具により関節を固定することで、肩の関節に負担がかかりにくい姿勢を維持します。
院内での施術の際にはその固定具を外して、炎症や損傷を起こしている部分のケアや、可動域が狭くならないようにするための施術を行います。
固定している期間は日常生活に支障をきたしますが、有効的な方法です。
ただし、仕事や家事などで固定ができない場合、なるべく負担のかかる行動をとらないような生活指導を受けて、原因となっている部位の回復を促す施術を受けることもできます。
接骨院ではヒアリングを行い、痛みの原因がどこにあるかを特定してから施術を開始します。
各関節の動きに問題があるのであれば、関節の動きの不具合を改善するような施術を行います。軟部組織といわれる筋肉や靱帯などに問題がある場合は、その部位をケアできるような電気刺激や、温熱療法、手技療法、鍼灸施術が可能な院は鍼灸を用いる場合もあります。
注射や薬を使った治療でなかなか満足いく結果が得られなかった場合や、最初から病院での治療を望まれない方は、一度接骨院へ相談に行くことも一つの方法です。

四十肩・五十肩の施術を受けられる接骨院の検索はこちらから

注意!当てはまる方は、病院での受診をおすすめします

肩や腕を動かすことができないほどの強い痛み、もしくは痛みが長く続く場合は病院での精密検査をおすすめいたします。
またかかりつけ医に受診された場合でも、肩の専門医ではないこともありますので、セカンドオピニオンとして専門家への受診もおすすめいたします。状態を良くしていく方法は医師からの指導を守り、定期的に病院に通院する方法もあれば、最寄りの接骨院に医師の同意を得て状態の回復のための施術を受ける方法もあります。

痛みを放置せず、専門家に相談することが大切です。

四十肩・五十肩の施術を受けられる接骨院を探す

人気の商品