【柔整師監修】肩甲骨ほぐしストレッチでデスクワークも快適に 肩コリに悩まない身体へ

デスクワーカーにとって、肩コリはつらい悩みのひとつ。
1日中お家にこもって仕事をする在宅ワークになって、身体の動きが減り「肩コリがより一層ひどくなった」という方も多いのではないでしょうか。

デスクワークの後など長時間同じ姿勢のままでいた後、上半身がこわばるような感覚を味わった経験はありませんか?
そもそもなぜ肩コリが起きるのでしょうか。

 

なぜ肩コリが起こる?

身体の動きが少ないと、肩甲骨まわりの筋肉も含め、全身の筋肉の柔軟性が弱まってしまいます。「肩を回そうとすると音が鳴る、もしくは回しづらい」「肩甲骨が肉に埋もれて目立たない」といった状況になってしまうことも。その結果、首コリや肩コリに繋がります。

 

肩コリと関係のある筋肉は?

肩コリと関係性が深いのが僧帽筋(そうぼうきん)と呼ばれる、後頭部~肩~背中にかけて広がる筋肉で、肩甲骨の安定に大きく関係しています。
僧帽筋の動きが少なくなると、肩だけでなく首や腰、背中全体までもが凝り固まる可能性も。
それだけでなく、姿勢が悪くなり猫背巻き肩ぽっこりおなかになってしまう場合もあります。

 

肩甲骨、僧帽筋をほぐすストレッチをご紹介

デスクワーク、在宅ワークの合間に気分転換もかねてストレッチをするのがおすすめです。
自分ではなかなか見えない“背中”を意識して、筋力をつけ血流を良くすることも意識しましょう。

 

《しっかりほぐす 肩甲骨ストレッチ》

①まずはセルフチェック!肩甲骨の動きを確認

腕を肩の高さで真っすぐ前に伸ばし、クロスして組みます。
このとき、左右で組みやすさに差がある人は要注意。そんな人は左右ともにしっかりほぐしましょう。

 

②手を組んだ状態で、ヒジを曲げずにそのまま腕を上げていきます。腕が頭の真上になり、耳が見えるくらいが理想。

③腕を伸ばしたまま身体を横に曲げます。左右に5往復行いましょう。 


《座ってできて簡単!肩甲骨寄せストレッチ》

① 手のひらを外側に向けて両腕を真上に上げます。

② ヒジを曲げながら横に下ろします。ヒジを後ろに引くようにして、肩甲骨を寄せるように意識しながらゆっくりと5回行いましょう。 

《壁を使ったストレッチ》

肋骨と肩甲骨をつなぐ筋肉をほぐすストレッチです。

①腕を真っすぐ前に伸ばし、両手の平を壁につけて立ちます。このとき、首が前に出ないように気をつけましょう。

②ヒジは曲げず、肩甲骨を寄せて身体を壁に近づけます。

③ 壁から身体を遠ざけるようにして肩甲骨を離します。
この動きを5回繰り返しましょう。

 


慢性的な肩コリ・首コリにはCBDオイルがおすすめ

「慢性的に肩が凝っている」「何をしても和らがない」「でも薬には頼りたくない」・・・そんな方はCBDオイルを一度試してみてはいかがでしょうか。

CBDは、植物の麻に含まれる成分カンナビノイドの1つであるカンナビジオールのことです。
副作用のない成分(常用できる成分)として、現在医療や健康分野で活用が期待され、大きな注目を浴びている植物由来の成分です。CBDには神経の興奮を抑える作用があり、ストレス緩和にも期待ができるという研究も進んでいます。

多くの痛み止め薬は、発生した痛みを抑えるので痛みの根本にアプローチをするわけではありません。一方CBDは、痛みの根本を活性化させず正常な自己治癒力をサポートします
CBDボディオイルを肩や首に使用すると「じわじわと肩の痛みが楽になっていくのを感じた」「塗って5~10分で肩コリが軽減したのを感じ、頭痛もだんだん楽に」という声も。

何をしても肩コリが和らがない・・・と悩んでいる場合は、一度CBDを使用してみてはいかがでしょうか。



※使用した感想はあくまで個人の感想であり、商品の効果・効能を示すものではありません。